読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鹿児島ハードチル同好会

情報学部の大学生です。深層学習(Tensorflow)とかUbuntuとか音楽とかガジェットに興味があります。バンドもしてたりする

Windows10とUbuntuのデュアルブートをやってみた話

PC 勉強

ちょっと途中で引っかかったんで一応記事に書いておきます。

 

大学の講義で人工知能を使ったプログラミング課題が出たので何をやるかいろいろ探してみたら

d.hatena.ne.jp

 

やっぱり流行りのディープラーニングがやってみたいなってことで。

その中でもGoogelのTensorflowというライブラリが気になったんですけどこれ使えるのがMac OSLinuxだけみたいでWindowsじゃ動かないらしいんです。

ってことでUbuntuをサブのノートパソコンに入れてみました。

 

 

ここらへんの記事を参考に導入を開始

(UEFI環境 編)Microsoft Windows10 と Ubuntu 14.04 LTS とのデュアルブート環境の構築 | えび天サーバ ( abten server )

Ubuntu16.04 + Windows10 のデュアルブート環境を構築する - 俺とプログラミング

 

WindowsUbuntuでHDDのディスク領域をわけないといけないのですが僕の環境ではすでにCドライブとDドライブに分かれてたのでDドライブにUbuntuを突っ込むことに。

早速OSをインストールしていくのですがここで問題発生

インストールの種類のこうでは、必ず、それ以外を選択して自分でパーティションを選択してあげます。
先ほど縮小した
「空き領域」を選択して、「+」ボタンを選択。
「サイズ」は4GB程度、
「新しいパーティションのタイプ」は「基本パーティション」、
「新しいパーティションの場所」は「この領域の終点」、
「利用方法」は「スワップ領域」として、「OK」を選択。

これでスワップ領域が確保されます。
次に、残りの空き領域を全てUbunuの領域にします。
「空き領域」を選択して、「+」ボタンを選択。
「サイズ」は 空き領域全ての大きさ
「新しいパーティションのタイプ」は「基本パーティション」、
「新しいパーティションの場所」は「この領域の始点」、
「利用方法」は「ex4ジャーナリングファイルシステム」、
「マウントポイント」は「/」として、 「OK」を選択。

最後に、
ブートローダをインストールするデバイス」の項は、搭載されているSSDもしくはHDD(sda)を選択して、
インストールをクリック。

 

って書いてあった通りにしてみたんですけどスワップ領域の確保後に次のパーティションが作れない現象が発生しました。

???ってなって調べてみると基本パーティションってひとつのHDDで4つしか作れないみたいなんです。

HDDのパーティションを見てみると、

1.Windows10のOS領域

2.リカバリ?バックアップ?用の領域

3.ブートローダー領域

になってました。このノートPCに光学ドライブがついてないんでリカバリ?の際にリカバリディスクとか読み込めないんでそのかわりにHDD内に既に組み込んであるのではないか(ちょっとココらへん詳しくないのでわからない)と勝手に憶測。

ってなわけでスワップ領域作っちゃうと4つパーティション作ることになっちゃってもうそれ以上作れなかったわけです。

 

その時の解決策として基本パーティションではなく論理パーティションを使います。

基本パーティションと論理パーティションの違い - KNOPPIXのススメ

今回はswap領域を基本パーティションではなく論理パーティションとしておくと次のパーティション(Ubuntu OSの領域)が作成できました。

 

 

 

 

 

 

f:id:fuchami:20160622190806j:plain

最終的にこんな感じ

sda1 がブートローダ

sda2がリカバリファイル領域?(正直これ消せば問題なく進んだんだけど何か分からないし怖くて消せなかった)

sda3がWindows10

sda5がswap領域(倫理パーティション)

sda6にUbuntu

 

という感じです。(sda4がないのもよくわからない)

あとは流れるままにインストールを進めて再起動したら無事にOS選択画面も出てWindows,Ubuntu共に起動出来ました。

ってことでやっと人工知能の勉強ができます(できない)